東京であったことを説明します

東京の吉本社長の岡本とのインタビューについて考えたのは、パワーハラも同じようにいじめっ子だということです…

いじめっ子は日本のいじめ問題についての冗談であったことを説明します。

いじめられた側からの東京ではありません。

岡本社長の昨日の言い訳は、いじめの言い訳でもあります。

東京『AKOMEYA TOKYO』で1,300円のかき氷が販売中

 

それは冗談でした…その発言は冗談です(笑)

大企業の社長はパワーハラの発言を悔い改めないので、いじめの悪者が悔い改めるという意味ではありません。

岡本は彼の器ではありません。

社長の場合、従業員のモデルにならなければなりません…
東京氏と田村氏は、間違いを反省し、悔い改めることで支えられています。

これがないと、次に接続されません。

悔い改めれば、あなたは新しい自分になれます。さらに新しい引き出しがあります…