意味があって参加する富山のママ活

それだけではありません。

「この入院は、いわゆる単純な虫垂炎手術です。それにもかかわらず、彼の妻、クリステル滝川(43歳)は、

https://www.nikukai.jp/toyama-mamakatsu/

新次郎の病室に入った。これが「特別扱い」であるとの指摘がありました(新次郎の知人)

原則として病院内でも訪問は禁止されています。富山のママ活

「訪問が許可される特別な場合は、生命を脅かすなどの緊急時に呼び出されたり、困難な手術に参加したり、医師から治療についての説明を受けたりする場合に限定されます。決定できないと想定されます。
富山のママ活
そういう意味では、今回の新次郎さんの手術は全く訪問する必要がありませんでした。滝川さんは手術の同意書を書くために病院を訪れましたが、病室に入るのはもちろん、電話でもできます。しかし、手術中はずっと特別な部屋で待っていて、新次郎さんに会った後、帰宅した。 「(新次郎さんの知人)
富山のママ活
医療関係者はこのようにため息をつきます。

「風邪病のため、どの病院でも患者の診察が完全に禁止されているのは当然です。小さな子供でも手術でも一度だけ来院でき、重篤な状態の人でも一度しか会えないことが非常に重要です。